ゴルフ保険

ホールインワンを達成したのはいいけれど、お祝いで仲間におごったらたいへんな出費になってしまった……。そういったうれしいアクシデントにそなえてゴルフ保険があります。
しかし、ホールインワンの心配をするレベルではなく、少しでもスコアを伸ばしたいという人も多いと思います。
何事にも勘所というものがありますが、スイングはアドレスから始まります。
アドレスは右肩が右足甲の真上にくるようにセットします。 右肩が右足甲よりも前に出てしまう前傾しすぎたアドレスや、逆の起きすぎたアドレスは身体の回転を邪魔するものになります。
そういった基本が十分にできてからゴルフ保険の心配をしましょう。 また、バックスイング時の上体の水平移動や上下運動につながってしまうのです。正しいアドレスが行われないと、正しいスイングにつながっていきません。

続きを読む

ゴルフウエア

プレイするにあたって、ゴルフウエアを気にしているおしゃれな人も多いと思います。しかし、格好だけでスコアが伸びるほど甘くはありません。中身(技術)が肝心です。
たとえば、バックスイングでの要チェックポイントがあります。左腕が地面と平行になった時、クラブのシャフトと左腕が90度になっているか確認してみましょう。
左親指側のコックがきちんとされている場合は、クラブのシャフトが地面に対して垂直になります。そうやって形が決まってきてこそ、ゴルフウエアもひきたつというものです。 その結果、左腕とシャフトが90度になってくるのです。左親指側のコックが不足している場合などは、90度にはなりません。

続きを読む

中古クラブ専門店・ゴルフエフォート

一度チェックしていただきたいのですが、中古クラブ専門店・ゴルフエフォートのホームページが面白いです。いわゆるオンラインショップ、ネットショップですが、いろんなクラブがあります。
さて、実際に用品を買ってプレイする場合ですが、スイングのインパクトの瞬間は、右ひざがアドレスの時よりも前に出ているか確認してみましょう。
左ひざが打球方向に流れてしまったり、上体が伸び上がってしまったりすると腰は平行になってきません。 左手甲の角度や両腕に位置、フェースの向きはアドレス時と同じになっているでしょうか。ゴルフエフォートの中古クラブを使うにしても、その点はおさせておくべきです。
そして腰の角度は地面と平行であることが必要です。 左足の付け根の踏ん張りをインパクトまで保つことが重要になってきます。

続きを読む

二木ゴルフ

「ニキニキ……」と連呼する二木ゴルフのCMをご存知の方も多いと思います。私も何度か店に足を運んだことがあります。クラブも買いました。
さて、スイングではさまざまな悩みがあります。トップで左肩が落ちる、ダウンスイングで右ひざが前にでてしまう、右腰が水平移動してしまう、などなど。 多くの原因が考えられますが、体重移動が上手にできていないことも原因のひとつであるといわれています。
いくら二木ゴルフでいいクラブを買っても、そいうった基本ができていないとスコアは伸びませんね。 アドレスからインパクトまでの体重移動は、左右の親指の付け根を体重が移動することになります。体重は「親指の付け根部分」で支えるようにしましょう。

続きを読む

中古ゴルフ用品

新品だと妙に意識してしまい、存分にプレイできない。中古ゴルフ用品のほうが思い切ってプレイできスコアがいい、ということがありませんか。「思い切ってプレイできる」ということの中身を考えてみる必要があります。
たとえば、絶えず親指の付け根に体重をかけるためには「ヒールアップ」を意識してみましょう。スイングのアドレスからテークバック、トップからダウンスイング、インパクトにかけて意識することが大切です。
テークバックで左足かかとを上げるだけでは左ひざが前に出てしまいます。中古ゴルフ用品では、そのあたりが無意識にできることが多いのですが、新品では大事にする意識が働きます。

続きを読む

ゴルフクラブの選び方

まっすぐに打つという基本がなかなか難しいものです。曲がらないボールを打つというのが、ゴルファーの願いです。
うまくいかないので、ゴルフクラブの選び方に問題があると思っている人も多いようです。しかし、肝心のスイングのコツを知らなければヘッドスピードは上がってきませんので、どんな道具を使っても飛距離はアップしないでしょう。
スイングにおいて、正確かつパワフルにボールを打つためのコツはたくさんあるようですが、腰の使い方もその1つです。
飛距離が出ない人は、腰の回転を意識してみてください。いつまでもゴルフクラブの選び方ばかりに力を注いでいても解決にはなりません。
高速で腰を回転させながらスイングを行うと、飛距離が出て曲がらないボールになるといわれています。 ダウンスイングの始まりは「ねじられた」腰をアドレスの状態に戻そうとする動作から始まります。

続きを読む

ゴルフクラブ

スイングではタイミングが需要なのですが、身体をねじってパワーを蓄積し、そのパワーを無理なく効率的にボールに伝える必要があります。 そのようなスイングを行うには、ゴルフクラブの扱いをマスターすることが必要です。具体的には、身体を上手に回転させる必要があります。
アドレスからトップ、そしてダウンスイングからフィニッシュにかけては、必ずしも頭の固定にこだわる必要はありません。
スムーズにゴルフクラブをスイングするには腰、両肩を上手に回転させなければなりませんが、もう1つ大切なものは「頭の回転」です。

続きを読む

ゴルフ場ガイド

少し遠出をして、初めての場所に行くようなこともたまにあります。そういったとき、事前にコースレイアウトなどを調べたいのですが、みなさんはどうやって情報収集をしているでしょうか。 私のおすすめは、全国ゴルフ場ガイドなどのホームページです。ヤフーにも同様のページがあります。
さて、人それぞれ得手不得手がありますが、たいていの人は苦手なクラブがあります。 スプーン(3番ウッド)は上手に打てるけれどドライバーは打てない、ロングアイアンが打てないというプレイヤーは多くいます。
スプーンは得意だけれどもドライバーは苦手、という人はスプーンでスイングのリズムを習得するという方法もあります。 いくら全国ゴルフ場ガイドで調べておいても、プレイの質そのものは自分でなんとかするしかありませんね。

続きを読む

兵庫県のゴルフ場

先日、兵庫県のゴルフ場に行く機会がありました。そこでプレイして実感したのは、スポーツではリズム感が大切ということです。スイングにおけるリズム作りで重要なことは、テークバックの始動時にあります。
両肩と両肘の力を抜き、クラブヘッドが始動する際には両腕と肩で三角形を作るイメージを持つことが大切です。
その兵庫県のゴルフ場でプレイする前に上体をリラックスさせることを意識しました。
スイングでは、クラブヘッドを低く引いていくように心がけました。 低く引くとは、クラブヘッドのソールが地面をゆっくり滑るように引く、ということです。

続きを読む

ゴルフ練習場

練習熱心な人は多いと思いますが、ドライバーの練習を行っているにもかかわらず、飛距離が出ないプレイヤーもいると思います。ゴルフ練習場でためいきをついているのではないでしょうか。
そんなときはスイングにおけるトップの形を考えてみてください。トップの上体で右腰がスウェイしていませんか。 右腰のスウェイはパワーをロスしてしまいます。
今度ゴルフ練習場に行くときに意識してほしいのですが、上体のねじりをスムーズにボールに伝えるためには、トップの形、つまりスイングの頂点での形が重要になってきます。

続きを読む