記事

中古ゴルフクラブ

平常心の重要性は理解しているつもりでも、5番アイアン、特に中古ゴルフクラブならリラックスしてアドレスできるけれど、新品の4番アイアンを持つととたんに力んだアドレスをしてしまうプレイヤーがいます。
このような人はスイングでも同じように力の入ったスイングをしています。そのような場合はまず、新品はやめてみましょう。
ちょっとしたことなんですが、中古ゴルフクラブを使ってみると気楽にプレイできることがあります。そしてインパクトの瞬間に右足が浮かないように注意してみましょう。右サイドの動きを抑えるためには体重を身体の右側に残しておくことが大切となってきます。

ダウンスイングからインパクト、フォローにつながるまで右足のかかとを地面から上げずにクラブを振ってください。 力の入ったスイングでは右手と右肩、右ひざの動きが早くなってしまいます。そして右足かかとをつけたままスイングしてみましょう。
5番アイアンは打てるけれども4番アイアンは打てないという人は右足のかかとを確認してください。
このよスイングではロングアイアンは打ちこなせません。あと、中古のゴルフクラブであれば、やはりおかしな緊張感なくプレイできて力を発揮できるという人も多いはずです。 これで、スライスやボールが上がらないといったミスは少なくなるはずです。

いつくか原因がありますが、ボールが上がらない理由のひとつにクラブの軌道があります。 アウトサイドインの軌道であればインパクト時にフェースが被ってしまい、ボールは上にあがってくれません。
4番以上のロングアイアンではスイングの軌道が弾道にはっきりと出てしまいます。 ミドルアイアンあたりまでは、アウトサイドインの軌道でもそれなりにボールは上がってくれます。 ロフト角の少ないロングアイアンであれば、インサイドアウトの軌道を心がけましょう。 この軌道であれば、ロフト角以上の弾道が得られるはずです。そういった技術面と共に、中古ゴルフクラブによって妙な緊張感をほぐすというのが有効なケースが多いのです。

このカテゴリの記事一覧へ戻る ⇒ ゴルフスイングのコツ