記事

パターゴルフ

パターゴルフしかやったことがない方にも理解いただけると思いますが、バンカーからの脱出は難しいものです。スイングとしてはフェースを開いてアウトサイドインのカット打ちをしている人は多いようです。
フェースとボールの位置はどうでしょうか。 フェースは目標に対してスクエアにしましょう。
バンカーショットの基本は、距離の短いパターゴルフにも通じるケースは多く、他のスイングと同様にスクエアフェースとスクエアスタンスにあります。

そしてここがポイントですが、かまえたときにフェースの向きが土手よりも高い位置を指しているか確認することも大切です。 ただし、左足上がりの足場ではテークバック時にクラブがインサイドに上がりやすくなってしまいます。
ボールの位置は左足かかと前がいいでしょう。これはパターゴルフでも、まったく同じです。 スタンスは目標に対してスクエアに構えてください。 インサイドアウトの傾向が強くなる可能性があるので、ピンの左側に目標をとってもいいと思います。

左足上がりの足場では肩は斜面に対して平行にし、左ひざを踏ん張り、左足荷重で構えてみましょう。 右足荷重であるとテークバックで身体が右に流れてしまい、スウェイしやすくなってしまうからです。 斜面では、斜面に逆らって立つのではなく、肩のラインを斜面に対して平行にして立つことも重要です。 そうしないと、ボールは正しい角度で上がってくれません。
クラブを正しく打ち込めば、ボールは正しい角度で飛んでいくはずです。 あごがある場合、あごを怖がってしまうとインパクトが弱く飛距離が落ちてしまったり、「ザックリ」したりします。 低いあごであれば、スクエアフェースとスクエアスタンスで十分なのです。これで、パターゴルフでも、本番でも、だいぶうまくいくはずです。

このカテゴリの記事一覧へ戻る ⇒ ゴルフスイングのコツ