記事

ゴルフ場

家の庭でクラブの素振りをしている人もいると思います。しかし、できれば練習場へ行くことをおすすめします。もちろん、ゴルフ場でプレイするのがいちばんですが、手っ取り早くは練習場です。
打ちっぱなしとは大きく違い、実際にコースで練習ができるからです。
ここではいろいろなスイングを意識して練習しましょう。もちろん一長一短があり、スイングだけなら打ちっぱなしでもできますが、やはり練習場のほうが楽しいです。
練習場によっては練習グリーンを備えている場所もあります。どこまで凝るか人ぞれぞれですが、、自宅の庭にグリーンを作って練習している人を見かけますが、そこまでいくと練習というより趣味ですね。パットが入ると楽しいですから。実際にゴルフ場に出たときをイメージしてやってみましょう。
ドライバーのスイングと同じくらいパットも重要です。最終的にはパットが決まらないことにはスコアも伸びません。

ゴルフ場のコースには必ず練習グリーンが用意されていますので、コースに出る前に距離感を確認することが大切です。 距離感をつかむためには最初に10メートル、5メートルを打つための振り幅を確認しましょう。 平地での距離感をつかんでしまえば、上りのパッティングであれば「振り幅」を大きくし、下りのパッティングであれば「振り幅」を小さくすればよいのです。
仕上げには1メートルのショットを30センチほどオーバーさせる練習が効果的であるといわれています。納得する人もいると思います。 いつもショートしてしまうプレイヤーは、1メートルのショットを1メートルオーバーさせる練習をしましょう。 この練習をしておけば、本番ではちょうど30センチオーバーのパッティングができるはずです。

実際にゴルフ場に出てみると、なかなかうまくいかないこともあるのですが、原因はどこにあるのでしょうか。バックスイングとフォロースイングの大きさやスピードが異なっているのは、ストロークが安定していないからです。
同じ振り幅で打っているつもりでも、距離は安定しません。 ストロークを安定させるためには、フォローを意識せず、インパクトの瞬間に手とヘッドをアドレスの位置に戻すことを強く心がけましょう。
バックスイングとフォロースイングのスピードを同じにするためには、ヘッドの重さだけで打つような意識を持つことが重要です。 パットもスイングの1つとしてとらえ、たまには練習してみましょう。ところで、東京からならば千葉県、神奈川県、静岡県などのゴルフ場が近くていいですね。

このカテゴリの記事一覧へ戻る ⇒ 練習のポイント