記事

ゴルフはショートコースで

ゴルフではショートコースがいい練習になります。短時間で回れるためプレイを何度もリセットできるからです。プレイではスイングした回数を数えていきましょう。
どんなことでも上達には一定の数をこなすことが必要です。その回数によって、パー、イーグル、ボギーというような数え方をします。
スイングをした回数が少なければ少ないほど上手である、ということになります。ゴルフ場のショートコースなら、そういったことを短期間で何度も繰り返せるわけです。

もちろん、ドライバーも1打として数えますし、パットも1打として数えます スコアを良くするためにはパット数も減らさなくてはなりません。
上がりのパットではしっかり打って、下りのパットでは距離をあわせるようにやさしく打つということが大切で、頭では分かっています。特にゴルフはショートコースであれば、何度もプレイでき、頭に入りやすいはずです。

しかし、実際にはなかなか難しいものです。たいていのプレイヤーーが打ちすぎてオーバーしたり、打ち切れずにショートしたりなど、うまくいきません。 そのためには、手の力を利用しない「ストローク式」と呼ばれる用法でパッティングしましょう。 手首を使わずに振り幅の大きさによって距離を打ち分けるのです。 手首の力を利用するとインパクト時にヘッドが先に出てしまいますので距離感が安定しないのです。 これはショートコースに限りませんが、どんな状況でも距離を合わせるためには、距離感を安定させることが大切です。

左手の小指と薬指で確実に握り、バックスイングとフォロースイングが同じスピードになるように心がけるのです。 インパクトの瞬間は手とグリップの位置を元に戻すことが重要です。
上がりのパットでは振り幅を大きくし、下りのパットでは振り幅を小さくするのです。ゴルフ場のショートコースに出るときも意識したいことです。 そうすると、距離感が大きく狂うことは無いといわれています。 そしてストローク中は手首の角度を変えてはいけません。 手首が折れてしまうと方向性や距離感を正確に保つことができないからです。

このカテゴリの記事一覧へ戻る ⇒ ゴルフスイングのコツ