記事

ゴルフパラダイス

この前、ゴルフパラダイスで中古のクラブを買ったのですが、なかなかうまく使いこなせません。スイングの悩みはいろいろとあるのですが、飛距離が出ません。
アドレスからバックスイング、トップにかけて右ひざや右腰が伸びきってしまうと、トップの状態で力を蓄えることはできません。
飛距離が出ないことの大きな原因のひとつは、ゴルフパラダイスのクラブにあるわけではなくて、スイング時の上体の伸び上がりにあることはわかっています。 トップの上体で身体が伸び上がってしまうと、力を蓄えることができないために、飛距離が出なくなってしまうのです。プロでも小柄な人もいますが、結局、力ではないのです。力まかせに打っても伸びるものではないのですよ。

飛距離を出したいと思うのであれば、バックスイングのトップで身体が沈み込むような形にしなければなりません。 具体的には、トップの形で右ひざを左ひざよりも高くしない、ということです。
右ひざが左ひざよりも高くなるということは、身体が伸び上がっているということです。ゴルフパラダイスの中古クラブも、そうやって使ってあげたいものです。 飛距離を大きく稼げるプレイヤーは、トップの姿勢は、アドレス時よりも低くなっています。 つまり、身体が沈みこんだトップになっているのです。

ちょっとした意識なのですが、バックスイングでは、右ひざを低くするように、身体が沈みこむような意識を持ったほうがいいようです。 あるいは、テークバック時に腰を回しながら沈める意識を持ってもいいと思います。 このとき、上体はレベルにターンさせることができます。
トップで身体が伸び上がってしまうと、下半身の力を飛距離につなげることができません。 飛距離の出ないプレイヤーは、上体が伸び上がっていないかどうか確認してみましょう。いずれにしても、アドレスからトップにかけて少し身体が沈むくらいでいいようです。そうやってゴルフパラダイスのクラブを使いこなせばいいと思います。

このカテゴリの記事一覧へ戻る ⇒ 飛距離を伸ばすコツ