記事

ゴルフダイジェスト

情報収集は欠かせませんが、ゴルフダイジェストのような雑誌は歴史があるだけに参考になることが多いです。こんな記事を先日読みました。
スイングでは「ボールから目を離してはいけない」とよくいわれます。
野球の打撃でも似たようなことがいわれます。しかし、ボールを目から離さないということを変に解釈しているプレイヤーがわりといます。
ゴルフダイジェストの記事いわく、スイングはアドレスから始まり、テークバック、トップ、ダウンスイング、インパクトと続いていきますが、ボールから目を離すな、といわれている。
しかし、ボールを見なければいけないという意識が働き、トップの位置でも両目でボールを見ているプレイヤーが大勢います。

おわかりかもしれませんが、このようなプレイヤーのスイングは手だけのバックスイングになってしまうか、あるいは左肩が落ちて左足荷重のトップになってしまいます。ゴルフダイジェストでは、説明の図だったか、写真も載っていました。 視線のおき方がまずいわけです。ボールの見方が悪いと、ボールは遠くまで飛んでくれません。
トップの位置であってもアドレスと同じ状態でボールを見ていると肩の回転が止まってしまうといわれています。ですから、バックスイングのトップの位置ではボールを左肩越しに、斜めに見るといいでしょう。 アドレスの時よりも顔は右側を向いている状態で、右斜め上から肩越しにボールを見るのです。

どういうことかと言うと、肩の回転が止まってしまうと、その反動で左肩が下がってしまいます。右足に体重が乗らずに左足荷重のトップになってしまうのです。トップでボールを肩越に見る癖をつけておきましょう、とのこと。以上のようなことは基本ではあるんですが、ゴルフダイジェストを読んで、あらためて納得しました。。 体重が上手に右側にかけることができないゴルファーは、試してみればどうでしょう。たがか目線ですが、されど目線です。 顔の向きを右側に向ければ、肩は上手に回ってくれるはずです。 その結果として、トップの位置で右足荷重がしやすい状態になるわけですね。

このカテゴリの記事一覧へ戻る ⇒ 飛距離を伸ばすコツ