記事

兵庫県のゴルフ場

先日、兵庫県のゴルフ場に行く機会がありました。そこでプレイして実感したのは、スポーツではリズム感が大切ということです。スイングにおけるリズム作りで重要なことは、テークバックの始動時にあります。
両肩と両肘の力を抜き、クラブヘッドが始動する際には両腕と肩で三角形を作るイメージを持つことが大切です。
その兵庫県のゴルフ場でプレイする前に上体をリラックスさせることを意識しました。
スイングでは、クラブヘッドを低く引いていくように心がけました。 低く引くとは、クラブヘッドのソールが地面をゆっくり滑るように引く、ということです。

なぜかというと、この時、腕や手に力を利用するとヘッドが持ち上がってしまうため、リズムが崩れてしまいます。 腰や肩を動かしたとき、頭の位置を固定しようとする意識が働き、上半身のスムーズな動きを妨げる結果につながります。兵庫県のゴルフ場では、そのあたりがうまくいきませんでした。 上半身の回転に合わせて、頭も自然に回転させることができませんでした。。 テークバックは腕や手の動きを意識するのではなく、腰や肩をはじめとした上半身の動きを意識したほうがいいですね。

宮里藍のような小柄な女子ゴルファーでも飛距離はすごいです。スイングで大切なことは、腕や手の力に頼ることではなく、上体を一体化させて回転させて「ひねりの力」を利用することにあります。
そのためにはリズムよく、スムーズに上半身を回転させることにあります。
昔のプレイヤーはスイングをする時、一定のリズムを得るために、頭のなかで「チャーシューメン」と唱えていたといいます。さすが、兵庫県のゴルフ場では、そうったことを口にしている人はいませんでしたが、意識としては重要です。 スムーズな回転とは、一定の速度で身体が回転することです。 テークバック時に身体が早く回転してしまったり、ダウンスイングで身体が早く回転してしまったりする時は、スムーズに回転していない証拠です。 1度試してみてはどうでしょうか。

このカテゴリの記事一覧へ戻る ⇒ ゴルフスイングの基本