記事

ゴルフ場ガイド

少し遠出をして、初めての場所に行くようなこともたまにあります。そういったとき、事前にコースレイアウトなどを調べたいのですが、みなさんはどうやって情報収集をしているでしょうか。 私のおすすめは、全国ゴルフ場ガイドなどのホームページです。ヤフーにも同様のページがあります。
さて、人それぞれ得手不得手がありますが、たいていの人は苦手なクラブがあります。 スプーン(3番ウッド)は上手に打てるけれどドライバーは打てない、ロングアイアンが打てないというプレイヤーは多くいます。
スプーンは得意だけれどもドライバーは苦手、という人はスプーンでスイングのリズムを習得するという方法もあります。 いくら全国ゴルフ場ガイドで調べておいても、プレイの質そのものは自分でなんとかするしかありませんね。

しかし、クラブによって得手不得手があるというのは、どこに原因があるのでしょうか。
クラブによってスイングのリズムが変わってしまっていることも原因に1つであるといわれています。ゴルフ場ガイドで事前に調べたとき、自分に合いそうなところ、あわなそうなところがなんとなくわかることがありますが、そういった相性のようなものがクラブにもあるようです。
リズムを上手に作るために、まず自分のグリップを確認してみてはどうでしょうか。 右手をかぶせすぎていると余分な力が入ってしまいますので、右手はかぶせないで横から添えるような感じでグリップを握ります。 リズムを上手に作るためには身体の向きも大切になってきます。 ドライバーやロングアイアンで必要なリズムをスプーンで習得してしまうのです。 基本が完成されていないとリズムは上手に作れません。 右肩が前に出てしまうとトップの状態で左足に体重がかかってしまいがちで、ダウンスイングの振りが一定しないことにつながります。

上手なリズム作りはテークバックの始動からはじまりますが、このときヘッドを低く引くことを心がけましょう。 始動時にヘッドを低くすれば、テンポは早くなりにくいといわれているからです。 右手を「かぶさず」にグリップを握れば、右肩もまっすぐになりやすいはずです。ゴルフ場ガイドのようなホームページでも、一部はそういった技術的な解説ページもあるようです。 肩のラインを平行にして構える意識を持ちましょう。 このような構えをすると、右肩の位置が少し下がりますが、これが自然な構えとなります。

このカテゴリの記事一覧へ戻る ⇒ ゴルフスイングの基本