記事

ゴルフクラブ

スイングではタイミングが需要なのですが、身体をねじってパワーを蓄積し、そのパワーを無理なく効率的にボールに伝える必要があります。 そのようなスイングを行うには、ゴルフクラブの扱いをマスターすることが必要です。具体的には、身体を上手に回転させる必要があります。
アドレスからトップ、そしてダウンスイングからフィニッシュにかけては、必ずしも頭の固定にこだわる必要はありません。
スムーズにゴルフクラブをスイングするには腰、両肩を上手に回転させなければなりませんが、もう1つ大切なものは「頭の回転」です。

頭の回転を確認する方法として「鉛筆を口にくわえる」という方法があります。 鉛筆をくわえてスイングし、スイングの過程で自分の頭が身体のターンと同じように自然にターンしているかどうか確認するのです。 アドレス時は鉛筆の先がボールの少し右を指しているように構えましょう。
そしてバックスイングでは両肩と腰が回転しますが、その回転とともに頭も自然に右側に回転させましょう。 トップからゴルフクラブのインパクトにかけては身体の回転とともに、頭も元も位置に戻るように回転させます。 身体の回転に伴い、自然な状態で左右に動いてしまうことは問題ないといわれています。

頭がいつまでも同じ位置にあるとフォロースルーはスムーズに行うことができません。インパクトの瞬間は、鉛筆も先がアドレス時と同じ方向に向くようにします。
そのため、ゴルフクラブがインパクト後は身体の回転と同じように頭も回転させてあげましょう。 フィニッシュの時には、鉛筆の先が目標方向を指しているように頭の位置を決めてあげます。 鉛筆の代わりに「ティー」を使用してもいいかもしれません。

このカテゴリの記事一覧へ戻る ⇒ ゴルフスイングのコツ