記事一覧

「練習のポイント」の記事一覧

ゴルフ場

家の庭でクラブの素振りをしている人もいると思います。しかし、できれば練習場へ行くことをおすすめします。もちろん、ゴルフ場でプレイするのがいちばんですが、手っ取り早くは練習場です。
打ちっぱなしとは大きく違い、実際にコースで練習ができるからです。
ここではいろいろなスイングを意識して練習しましょう。もちろん一長一短があり、スイングだけなら打ちっぱなしでもできますが、やはり練習場のほうが楽しいです。
練習場によっては練習グリーンを備えている場所もあります。どこまで凝るか人ぞれぞれですが、、自宅の庭にグリーンを作って練習している人を見かけますが、そこまでいくと練習というより趣味ですね。パットが入ると楽しいですから。実際にゴルフ場に出たときをイメージしてやってみましょう。
ドライバーのスイングと同じくらいパットも重要です。最終的にはパットが決まらないことにはスコアも伸びません。

続きを読む

ゴルフダイジェスト オンライン

上達のために、ゴルフダイジェスト オンラインで情報収集している人も多いと思います。たとえば、ショートアイアンで確実にグリーンを狙えるようになったら、ミドルアイアンのスイングの練習をしましょう。
多少、違ったコツも必要ですが、ショートアイアンで狙えるのですからミドルアイアンでも簡単でしょう。 ミドルアイアンのスイングを身につければ、番手どおりの飛距離、ロフト角どおりの球筋が得られるようになります。
この意味がわかるでしょうか。これはとてもすごいことですよね。なんといっても思い通りに打てるのですから。ゴルフダイジェスト オンラインでは、そういった情報も手に入るわけです。
ミドルアイアンでグリーンを狙えるようになれば、プレイがますます面白くなるといわれています。スタイルの幅が広がりますからね。

続きを読む

ジープゴルフのクラブ

スイングにおける上下のずれには大きく分けて2種類あるといわれています。ジープで買ったゴルフ用品をいかしたいなら、そのあたりは知っておきたいものです。
ひとつはバックスイングで身体が沈みこんでしまい、ダウンスイングで伸び上がってしまう「ずれ」です。 もうひとつは、伸び上がったあとに沈み込んでしまう「ずれ」です。そんなことでは、せっかくのジープのクラブも台無しです。 高さがずれないようにするためには、テークバックからトップにかけて上体を回転させますが、この時も腰の高さを回転させることが大切です。

続きを読む

ゴルフのイラスト

アプローチといっても、じつは特別なことではありません。ゴルフのイラストでも見たことがあるかもしれませんが、スイングと同様で身体の回転でボールを打ちます。
初心者のうちはグリーンまでの距離が短いと、手先だけでクラブを振ってしまいます。手先だけのアプローチであればフェースの向きも狂いやすいばかりでなく、距離も安定しません。
距離の短いスイングでも通常のスイングの弧を小さくしたものと考えたほうがいいようです。
身体も回転するし、体重移動も必要となってきます。そのゴルフのイラストには、そのあたりが上手に描かれていました。

続きを読む

ゴルフスイングの動画

ゴルフスイングの動画を見ていると、練習場によっては、かごにボールを入れるところもあります。
場所によっていろんな方法があるわけです。少々難しいかもしれませんが、ポイントを押さえれば効率的な練習ができます。
このような練習場では左右のどちらかの足をかごの上にのせているか、ゴルフスイングの動画で確認してみましょう。
右足をかごに乗せたら両肩のラインも足の高さに合わせて右肩を高く、左肩を低くしてアドレスしましょう。
カゴの上に足を乗せてスイングをすることにより、軌道を修正ができるのです。

続きを読む

ゴルフレッスンの動画

ゴルフレッスンの動画を参考にしている人は多いでしょう。しかし動画と実際のプレイは違うので、思うようにいきません。
練習場ではマットが置いてあることがほとんどです。マットの上ではクラブのヘッドは滑ってしまいます。
マットの上でゴルフレッスンをすれば動画では少しくらいボールの手前にヘッドが入ってしまってもボールはまっすぐに飛んでしまうのです。
ですから、練習場ではボールがまっすぐに飛ぶのに、コースにでると「ダフリ」が出てしまうというプレイヤーは多いようです。

続きを読む