記事一覧

「ゴルフスイングのコツ」の記事一覧

ゴルフクラブの選び方

まっすぐに打つという基本がなかなか難しいものです。曲がらないボールを打つというのが、ゴルファーの願いです。
うまくいかないので、ゴルフクラブの選び方に問題があると思っている人も多いようです。しかし、肝心のスイングのコツを知らなければヘッドスピードは上がってきませんので、どんな道具を使っても飛距離はアップしないでしょう。
スイングにおいて、正確かつパワフルにボールを打つためのコツはたくさんあるようですが、腰の使い方もその1つです。
飛距離が出ない人は、腰の回転を意識してみてください。いつまでもゴルフクラブの選び方ばかりに力を注いでいても解決にはなりません。
高速で腰を回転させながらスイングを行うと、飛距離が出て曲がらないボールになるといわれています。 ダウンスイングの始まりは「ねじられた」腰をアドレスの状態に戻そうとする動作から始まります。

続きを読む

ゴルフクラブ

スイングではタイミングが需要なのですが、身体をねじってパワーを蓄積し、そのパワーを無理なく効率的にボールに伝える必要があります。 そのようなスイングを行うには、ゴルフクラブの扱いをマスターすることが必要です。具体的には、身体を上手に回転させる必要があります。
アドレスからトップ、そしてダウンスイングからフィニッシュにかけては、必ずしも頭の固定にこだわる必要はありません。
スムーズにゴルフクラブをスイングするには腰、両肩を上手に回転させなければなりませんが、もう1つ大切なものは「頭の回転」です。

続きを読む

ゴルフはショートコースで

ゴルフではショートコースがいい練習になります。短時間で回れるためプレイを何度もリセットできるからです。プレイではスイングした回数を数えていきましょう。
どんなことでも上達には一定の数をこなすことが必要です。その回数によって、パー、イーグル、ボギーというような数え方をします。
スイングをした回数が少なければ少ないほど上手である、ということになります。ゴルフ場のショートコースなら、そういったことを短期間で何度も繰り返せるわけです。

もちろん、ドライバーも1打として数えますし、パットも1打として数えます スコアを良くするためにはパット数も減らさなくてはなりません。
上がりのパットではしっかり打って、下りのパットでは距離をあわせるようにやさしく打つということが大切で、頭では分かっています。特にゴルフはショートコースであれば、何度もプレイでき、頭に入りやすいはずです。

続きを読む

ワークスゴルフ

スイングにおいて低い弾道のボールを打つためには、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか。
どんなクラブでもいいんですが、たとえばワークスゴルフ ドライバー アルティマイザーV-01Rを使おうとする時、強いアゲインストの風が吹いていたとします。
あまり高いボールを打つと、風の影響を受けてしまい飛距離が落ちてしまいます。
低い弾道のホールを打てば、風の影響は少なくなりますので、ワークスゴルフの使い手としては、できるだけ低い弾道になるようにスイングをしたいものです。

続きを読む

ゴルフ会員権

せっかくゴルフ会員権を売買して手に入れたなら、ぞんぶんにプレイを楽しみたいものです。たとえばバンカーでのスイングでは、サンドウェッジの歯(リーディングエッジ)から打ち込むのではなく、ソールから打ち込むようにしましょう。
リーディングエッジから打ち込むと、ヘッドは砂の中にもぐってしまいます。バンカーショットでのスイングで忘れてはならないのが、ボールを直接打つということではなく、砂を打つという意識を持つことです。
砂をどの方向に、どの角度で飛ばすかということが大切になってくるのです。ゴルフ会員権を売買して通うくらい熱心な人は、そのくらいまできわめたいものです。

続きを読む

パターゴルフ

パターゴルフしかやったことがない方にも理解いただけると思いますが、バンカーからの脱出は難しいものです。スイングとしてはフェースを開いてアウトサイドインのカット打ちをしている人は多いようです。
フェースとボールの位置はどうでしょうか。 フェースは目標に対してスクエアにしましょう。
バンカーショットの基本は、距離の短いパターゴルフにも通じるケースは多く、他のスイングと同様にスクエアフェースとスクエアスタンスにあります。

続きを読む

ゴルフショップ:Jeep柏店

Jeep柏店というゴルフショップでクラブを購入したことのある人もいると思います。掘り出し物がいろいろとありますね。しかし、道具だけでスコアが伸びれば苦労はありません。
一例ですが、バンカーでのスイングのコツとしては、左ひざを踏ん張り、左足に体重をかけるようにすればいいでしょう。 右足に体重をかけすぎた場合、テークバックで身体が右側に流されてしまいます。 その結果、インパクトでクラブヘッドがボールの手前に入ってしまい、「ザックリ」ということになってしまうのです。
せっかくJeepで買ったクラブなのに、それではだいなしです。バンカーでのスイングでは、なるべく下半身を使用しないことが大切であると言われています。

続きを読む

中古ゴルフクラブ

平常心の重要性は理解しているつもりでも、5番アイアン、特に中古ゴルフクラブならリラックスしてアドレスできるけれど、新品の4番アイアンを持つととたんに力んだアドレスをしてしまうプレイヤーがいます。
このような人はスイングでも同じように力の入ったスイングをしています。そのような場合はまず、新品はやめてみましょう。
ちょっとしたことなんですが、中古ゴルフクラブを使ってみると気楽にプレイできることがあります。そしてインパクトの瞬間に右足が浮かないように注意してみましょう。右サイドの動きを抑えるためには体重を身体の右側に残しておくことが大切となってきます。

続きを読む

スイングゴルフ パンヤ

スイングゴルフ パンヤというゲームがありますが、かなり面白いですね。ショートアプローチ、特にグリーンまわりでは、ボールを転がすことが大切です。 しかし、ボールを転がすだけのスイングでは、なかなか上手にできません。 「トップ」や「ザックリ」となってしまい、なかなかピンにボールが寄ってくれません。
調子が出ないときは、何をやってもうまくいきません。それまで好調だったとしても、ここで何度も打たないと入らないのでは格好が悪いですよね。
このようなスイングゴルフ パンヤでの失敗原因はどこにあるのでしょうか。 まず、グリップを確認してください。

続きを読む

ぷよぷよゴルフ

ショートアプローチのスイングが苦手な人は、たいてい力の入った構えになっています。ゲームのぷよぷよゴルフもそうですが、おかしな力を入れるとうまくいきません。
そのように力の入った構えになってしまう原因は左手の被せすぎにあります。
その結果、腕と肩が三角形になり、柔らかさが感じられない構えになってしまうのです。左手を被せ過ぎて握ると、左腕がまっすぐに伸びてしまい、それにつられて右腕も伸びてしまうのです。ぷよぷよゴルフでもマウス操作が固くなると方向を誤ってしまいます。

続きを読む