記事一覧

「飛距離を伸ばすコツ」の記事一覧

ゴルフ練習場

練習熱心な人は多いと思いますが、ドライバーの練習を行っているにもかかわらず、飛距離が出ないプレイヤーもいると思います。ゴルフ練習場でためいきをついているのではないでしょうか。
そんなときはスイングにおけるトップの形を考えてみてください。トップの上体で右腰がスウェイしていませんか。 右腰のスウェイはパワーをロスしてしまいます。
今度ゴルフ練習場に行くときに意識してほしいのですが、上体のねじりをスムーズにボールに伝えるためには、トップの形、つまりスイングの頂点での形が重要になってきます。

続きを読む

ゴルフダイジェスト

情報収集は欠かせませんが、ゴルフダイジェストのような雑誌は歴史があるだけに参考になることが多いです。こんな記事を先日読みました。
スイングでは「ボールから目を離してはいけない」とよくいわれます。
野球の打撃でも似たようなことがいわれます。しかし、ボールを目から離さないということを変に解釈しているプレイヤーがわりといます。
ゴルフダイジェストの記事いわく、スイングはアドレスから始まり、テークバック、トップ、ダウンスイング、インパクトと続いていきますが、ボールから目を離すな、といわれている。
しかし、ボールを見なければいけないという意識が働き、トップの位置でも両目でボールを見ているプレイヤーが大勢います。

続きを読む

ゴルフ体験記

ゴルフ体験記のホームページをいろいろ見るのですが、かなり参考になります。この間読んだ話では、テークバックの話題がありました。すべておいて基本が大事ですが、スイングのセオリーとして、両腕でできる三角形の形を維持しながらテークバックする、ということがいわれています。
基本は大事なのですが、言葉の表面だけではなく意味を考える必要があります。
初心者の中には、腕の形を三角形に保ったままの人がいますよね。
カチカチに固めたままバックスイングしている姿はとても気になります。ゴルフ体験記を読まずとも、心当たりのある人は多いのではないでしょうか。
スイングをする際にそのことばかりを気にしてしまうと、トップの形がおかしなものになってしまうのです。

続きを読む

ゴルフパラダイス

この前、ゴルフパラダイスで中古のクラブを買ったのですが、なかなかうまく使いこなせません。スイングの悩みはいろいろとあるのですが、飛距離が出ません。
アドレスからバックスイング、トップにかけて右ひざや右腰が伸びきってしまうと、トップの状態で力を蓄えることはできません。
飛距離が出ないことの大きな原因のひとつは、ゴルフパラダイスのクラブにあるわけではなくて、スイング時の上体の伸び上がりにあることはわかっています。 トップの上体で身体が伸び上がってしまうと、力を蓄えることができないために、飛距離が出なくなってしまうのです。プロでも小柄な人もいますが、結局、力ではないのです。力まかせに打っても伸びるものではないのですよ。

続きを読む